30日間返品可能     お客様の100% の満足を保証     1年間品質保証

閲覧の履歴

感染した虫歯を削らずに殺菌 歯の神経を残す ドックベストセメント法

 今まで(保険診療)のようなたくさん削る虫歯治療がいいですか?

歯医者で虫歯の治療をしたときに「うわっ、たくさん削られた!」
と思ったことはありませんか?
今までの(保険の)治療では、虫歯に感染したところをすべて取り除かなければいけませんでした。
 
その途中で虫歯が歯の神経にまで感染してれば麻酔をして神経を取っていました。
 
神経を取ると、根の消毒に診療の回数もかかり、最終的に歯をかぶせるためにさらに削っていきました。
 
また神経を取った歯は、栄養がいかなくなりもろくなってしまうので、歯が割れてしまった、また虫歯になりやすい、歯周病が進みやすいなど、将来的にトラブルを起こす可能性が高くなります。
でもしっかり虫歯を取りきらなければ結局そこからまた虫歯が広がってしまうので電気的根管長測定器
たくさん削らなければいけませんでした。 
 
薬を使った虫歯の治療
 
その後、神経まで感染しているような大きい虫歯に対して、全部虫歯を取らないで感染した虫歯を残し、そこに薬で殺菌することで神経を残すという治療法が出てきました。
 
それまでと違って神経を残すことのできる画期的な治療法でした。
 
しかしこの方法は、自分で薬を調合するときの難しさや温度・湿度・光に弱いなど非常に管理が難しく、安定した力が発揮できませんでした。
 
ドックベストセメント(Doc’s Best Cements)法
 
そういった中、出会ったのがドックベストセメント法です。
これは中に入っている銅イオンの殺菌力で虫歯を殺菌します。
いろんな商品に最近使われているように金属イオンの殺菌力は強力で持続的に続きます。
また管理も難しくありません。
また薬のアレルギー反応のリスクもなく、発がん物質も使用していないため、安全です。
 
ドックベストセメント法の治療の流れ
 
①レントゲンを撮影して虫歯の大きさを調べたり、症状の確認をします。
 
②虫歯の入り口がせまい場合は処置ができませんので、一度機械で外側だけ削り入口を広げます。
 
※この時に何もしてなくて痛い、削るときの水がしみる場合は予後に影響するので無理に削ったりはしません。
※治療中、直後の痛みなどの症状もも治療を進めるうえで重要な情報なので、麻酔をしないで治療は進めます。またそのほうが成功率も上がります。ただどうしても痛みに弱い方は遠慮せず申してください。
 
③汚れている虫歯の中を殺菌水で洗浄していきます。
④ドックベストセメントを塗る。
強い症状のない方はこのまま上にふたをしてその日の治療が終了です。 
 
⑤1年経過観察→最終的に詰める(2回目の来院)
 
<ドックベストセメント法の注意点>
 
*ドックベストセメントは保険適用ではないので自由診療になります。
 
*虫歯の欠けてる部分が大きい場合、審美的にきれいにしたい場合は
 
 型どりをして、白い歯(ハイブリッドインレー)を入れていただくのをお勧めさせていただきます。
 
*治療前に強い症状がある方は、1週間後に来ていただいて症状が小さくなっているようなら
 同じように経過観察、1年後に最終的に詰めます。
 
*経過観察中に今まで症状が落ち着いてたのに突然痛みが出てくる場合があります。
 その時は外して中を調べて再度ドックベストセメントを塗らせてもらいます。(再塗布1000円)
 
*すべての症例で必ず神経が残せるといわけではなく努力の甲斐なく神経を残せない場合があります。
 (その際には通常の保険の根の治療に移行します。)
 
*ご希望されても診査診断の後、必ずしもドックベストセメントが使えないケースもあります。
 
 
<若い歯、回数を減らしたい人、削るのが怖い人、妊婦の方など有効な治療法>
ドックベストセメント法では今まで治療が大変になってしまうようなケースにとても有効です。
小児の生えたての永久歯は、虫歯になりやすく急速に進行して大きな虫歯になります。
 
まだ歯の根っこが完成していない、若い時に神経を取ってしまうと、将来歯が割れたり、膿んだりすることで早期に抜歯になるケースがあります。
 
「一生できるだけ長く自分の歯で暮らす」ことを目標にしたドックベストメントはそういった症例に最適な治療方法であると考えております。
 
 参考として保険診療の場合だと、神経を取って、歯をかぶせてまでで8回前後の通院、負担額によって差がありますが3000円~12000円の治療費がかかります。
ドックベストセメントの場合、神経を取らないで最短だと1回目にドックベストセメントを塗布して、1年後にもう一回来ていただいて治療が終了になります。
 
また歯を削ったりするのが怖かったり、できるだけ麻酔を使いたくない人、もしくは以前麻酔で気分が悪くなった方にも処置が可能になります。
 
妊娠中、授乳中のお母さんにも、薬や麻酔を使わないので安心して治療をおこなうことができます。
通院回数も少なく、子育ての忙しい時期を避けることができます。

商品レビュー

ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: