30日間返品可能     お客様の100% の満足を保証     1年間品質保証

閲覧の履歴

口内炎について

口の中は、食事をしたり、呼吸をしたりするために常に外部と接しており、食事中に粘膜に傷がついたり細菌・ウイルスなどが付着・侵入する可能性の高い部分と言えます。歯肉や頬粘膜など、さまざまなかたさの粘膜で覆われて防御されていますが、侵入した細菌などや様々な原因によって炎症を起こすことがあります。これが口内炎です。

 
すなはち、「口内炎」とは、ほおの内側や歯ぐきなどの口の中や、その周辺の粘膜に起こる炎症の総称です。
 
口内炎の原因について
 
口内炎の原因はさまざまですが、大きく次の4つに分けられます。それぞれの原因など症状について解説します。
 
●疲労や免疫力の低下が原因と考えられる「アフタ性口内炎」
一般的にもっとも多くみられるのが「アフタ性口内炎(白い潰瘍を作るタイプの口内炎)」です。原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや睡眠不足、栄養不足などの疲れによる免疫力の低下、ビタミンB2が欠乏などの栄養不足などが原因として考えられています。
アフタ性口内炎の症状の特徴としては、赤く縁取られた2~10mm程度の丸くて白い潰瘍が、ほお・唇の内側・舌・歯ぐきなどに発生することです。小さなものが2~3個群がって発生することもあります。普通は10日~2週間ほどで自然に消滅してあとは残りません。すべての年齢の方にできますが、比較的若い人に多くできる傾向があります。
アフタ性口内炎の症状があり、自分でそう診断しても、なかなか治らないとき、範囲が広いとき、何度も再発するときは、ベーチェット病などほかの病気の口の中の症状であったり、前がん病変などの怖い病気であったり、くすりが原因の場合もあるので、すぐに病院へ行きましょう。
 
●ウイルスや細菌の増殖が原因の「ウイルス性口内炎」
ウイルスや細菌が原因で起こる口内炎もあります。単純ヘルペスウイルスの感染が原因の「ヘルペス性口内炎(口唇にできるものなどが良く知られいる口唇へルペス)」や、カビ(真菌)の一種であるカンジダ菌の増殖が原因の「カンジダ性口内炎」などがあります。
そのほかにも、通常は口腔内では見られない細菌ですが、性交渉などで口腔内に感染をして、口腔内に炎症を生じる梅毒・淋病・クラミジアなど、STD(性行為感染症)による口内炎も知られています。
ウイルス性口内炎に多くみられる多発性の口内炎の特徴は、粘膜に小水疱が形成され、破れてびらんや潰瘍を生じることで、初期に水泡ができていたかどうかが診断のポイントになります。また、発熱や強い痛みを伴うことがあります。
 
●物理的刺激によって起こる「カタル性口内炎」
「カタル性口内炎」は、入れ歯や歯の被せ物、あるいは食事中に魚の骨が刺さったりほおの内側をかんでしまったりしたとき傷ができることで生じる口内炎です。いわゆる傷だけではなく熱湯や薬品の刺激などが原因で起こる口内炎もこの範疇に入ります。
これらの刺激によってできた傷に細菌が入り込み、繁殖することで、口の粘膜が赤く腫れたり水疱ができたりします。
アフタ性とは異なり、境界が不明瞭で、唾液の量が増えて口臭が発生したり、口の中が熱く感じたりまた、味覚がわかりにくくなることがあるのもこの口内炎の特徴です。
 
●その他の口内炎
特定の食べ物や薬物、あるいは金属などに対するアレルギー反応を起こすことで生じる「アレルギー性口内炎」、喫煙の習慣により口の中が長期間熱にさらされることにより起こる「ニコチン性口内炎」などもあります。ニコチン性口内炎の場合は、口の中の粘膜や舌に白斑ができ、がんに変化するおそれもあります(超音波スケーラー)。

口内炎のでき方
 
1. 粘膜や粘膜の下の結合組織と言われる組織を分解
粘膜を正常に保つためのビタミン不足、疲労やストレス、ウイルス感染や外的刺激などにより、プラスミンというタンパク質分解酵素の一種が発生し、粘膜や粘膜の下の結合組織と言われる組織を分解します。
2. 炎症のもとや痛みのもとが口内炎の周りに出てくる
増え続けたプラスミンによって、ヒスタミンという炎症のもとやプロスタグランジン・ブラジキニンといった痛みのもとが口内炎の周りに出てきて、血管を拡張します。
3. 炎症が起こる
炎症を起こすと血管からこれらの物質が漏れ出やすくなり、むくみが起こり、痛みが発生します。
4. びらん様にただれる
炎症が続くと、粘膜の表面がただれてびらん様になります。
5. 口内炎ができる
さらに、ただれた部分がえぐられ、口内炎ができます(超音波スケーラーDTE D7)。

商品レビュー

ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: