Warning: file_put_contents(D:/webroot/shikakiki.jp/temp/caches/c/article_544A6CCD.php): failed to open stream: Permission denied in D:\webroot\shikakiki.jp\includes\cls_template.php on line 198

Notice: can't write:D:/webroot/shikakiki.jp/temp/caches/c/article_544A6CCD.php in D:\webroot\shikakiki.jp\includes\cls_template.php on line 200

Warning: file_put_contents(D:/webroot/shikakiki.jp/temp/compiled/comments_list.lbi.php): failed to open stream: Permission denied in D:\webroot\shikakiki.jp\includes\cls_template.php on line 262

Notice: can't write:D:/webroot/shikakiki.jp/temp/compiled/comments_list.lbi.php in D:\webroot\shikakiki.jp\includes\cls_template.php on line 264
我慢できない歯の痛みの5つの原因と治療法|Shikakiki.jp
30日間返品可能     お客様の100% の満足を保証     1年間品質保証

閲覧の履歴

我慢できない歯の痛みの5つの原因と治療法

「歯が痛い!」と歯科を受診される患者さんは大勢いらっしゃいます。今回は、よくある歯の痛みの原因5つとその治療法をご紹介します。

 
知覚過敏
 
 
歯ぐきが後退して敏感な歯根が露出し、そこに冷水や歯ブラシの刺激が加わるとまるで神経に触れたような痛みを感じます。
 
治療法:ご自宅で
 
まずは、知覚過敏用の歯みがきペーストを使ってみてください。また、歯ぐきを傷つけないように優しくみがいて、歯ぐきが後退しないようにしましょう!
 
治療法:歯科医院で
 
露出した歯根面を薬剤でコーティングします。また歯ぐきが著しく後退している場合には、外科的に歯ぐきを元に戻す手術をすることもできます。上記のような治療をしても効果がなく飲食に支障がある場合には、やむをえず神経を取って痛みを止めることもあります。
 
虫歯
 
 
深く進行した虫歯は激しい痛みの原因になることがあります。神経が死んでいる歯でも痛むことがあります。
 
治療法
 
神経まで達していない虫歯で、神経が健康な状態であれば、虫歯の部分を除去してつめ物をします。
 
神経まで達した虫歯、または神経が炎症または壊死した状態であれば、神経を除去して消毒します。(歯科診療ユニット)
 
歯の破折
 
 
歯にヒビが入ったり、割れているとそこを伝って細菌が歯の神経や体内に侵入し強い痛みが出ることがあります。
 
治療法
 
神経の残っている歯でひび割れが神経に達している場合、神経を除去する必要があります。
 
割れ目が浅い位置で止まり健康な歯根が長く残っている場合は、割れた部分を除去してかぶせ物(クラウン)を製作します。
 
歯が根の先まで割れた場合には残念ながら、抜歯をするしかありません。
 
歯周病
 
 
根の周囲に着いた細菌の感染が原因で歯ぐきに腫れや痛みが出ます。特に深い歯周ポケットの中にウミがたまった場合や、急性壊死性潰瘍性歯肉炎と呼ばれる歯肉炎の場合には強い痛みが出ます。
 
治療法
 
 
根面の歯石を除去して、患者さんにはブラッシングをよくしていただきます。治療効果は非常に高いですが、深い歯周ポケット、分岐部病変がある場合にはなかなか改善しないこともあります。(超音波クリーナー)
 
親知らずの炎症
 
 
 
倒れて生えている、歯ぐきが半分かぶっているなど正常に生えていない親知らずの周囲には汚れがたまりやすく、歯ぐきが炎症を起こし痛むことがあります。
 
治療法
 
周囲の汚れを除去して消毒します。多くの場合一時的に痛みは治まりますが、汚れがたまりやすい状態の場合には再発も多く見られます。抜歯をする場合には根元を通る神経(下歯槽神経)の位置に注意が必要です。
 
最後に
 
痛みは身体からの異常を知らせるサインです。痛みを感じたら、手遅れにならないうちに歯科医院を受診しましょう!

商品レビュー

ユーザー名:
E-mail:
レビュー等級:
レビュー内容: