歯科健康

歯茎が痒いときの対処

歯石を除去する 歯がかゆくなる主な原因、歯周病、歯肉炎、虫歯を防ぐために歯石を除去しましょう。歯石の除去は歯医者さんでできます。軽い歯周病や歯肉炎なら、短時間の治療でも効果が見られるでしょう。 歯磨きを丁寧にする 歯にたまった汚れや細菌を増やさないためには、日々のケアがとても大切。歯のかゆみを抑えるには、歯磨きを丁寧に行うと効果的です。歯の1本1本を丁寧に優しく磨いていきましょう。強く押し当てるよりは、優しく細かく振動しながら磨くのがポイント。デンタルフロスや歯間ブラシを使い、歯の間の汚れも取り除くのもおススメです。(エアースケーラー)   アレルギーを避けるには アレルギーの原因となる食べ物が、わかっている場合、その食べ物を口にしないこと。体調によっては、強いアレルギー反応で倒れてしまうこともあります。口の中だけだからと安易に考えず、アレルギー反応の出る食べ物は避けるようにしましょう。 ストレス解消をする ストレス社会の現代で、ストレスを受けないように生活することは大変困難です。ストレスとうまく付き合うには、たまったストレスを解消することが重要。自分の好きな時間を持つ、好きなことを思いっきり楽しむ時間を作り、ストレス解消を心掛けましょう。  
Continue Reading
歯科健康

知覚過敏の症状

症状とは 知覚過敏は、冷たいものや酸味の強いものを食べたり歯磨きのときに歯ブラシが強く当たったりすると、歯に痛みがはしります。 初期の虫歯でも同じような症状がおこりますが、虫歯と違い痛む時間は短く、すぐに収まるのです。 また、虫歯による痛みは時間とともに強くなり、何もしなくても痛み出すようになります。 原因とは 知覚過敏は、何らかの原因で歯をコーティングしている固いエナメル質がはがれ、その下の象牙質がむき出しになってしまうことによっておこります。(オートクレーブ) ただし、エナメル質がはがれたからといって必ずしも知覚過敏になるわけではありません 。歯肉に近い部分のエナメル質がはがれると、神経が刺激されやすく知覚過敏になりやすいのです。 また、歯肉が下がっても象牙質がむき出しになりやすく、視覚過敏になるケースが多いでしょう。
Continue Reading
歯科健康

赤く腫れた歯茎

歯周病の場合 歯周病の場合、軽い歯肉炎であれば、歯磨きを徹底して行うことで改善しますが、歯石が付いている場合には歯科医院で歯石を取り除いてもらう必要があります。進行した歯周炎で膿をもって腫れている場合には、抗生剤を服用して急性炎症を抑え、たまった膿を切開して排出させます。状態によっては抜歯が必要になることもあります。 智歯周囲炎の場合 親知らずの周囲の歯茎の炎症がひどい時は、抗生剤を服用して改善することが多いですが、普段からきちんと親知らず周囲を磨くことを心がけていなければまた頻繁に炎症を繰り返します。もしも半分埋もれて全部生える見込みがない場合などは早めの抜歯をおすすめします。(歯科レントゲン)   根尖性歯周炎の場合 根尖性歯周炎は歯に原因があるため、根の治療を行います。歯茎に膿が大きくたまっている場合には切開して膿を出す処置も行われます。 歯根破折の場合 歯根が折れている場合には、ほとんどのケースで抜歯が必要となります。ただし、状態によっては抜かない方向で治療が行えることもあります。  
Continue Reading
歯科健康

歯茎がかゆいときの対処法

歯石を除去する 歯がかゆくなる主な原因、歯周病、歯肉炎、虫歯を防ぐために歯石を除去しましょう。歯石の除去は歯医者さんでできます。軽い歯周病や歯肉炎なら、短時間の治療でも効果が見られるでしょう。歯にたまった歯石を除去すると、歯がつるつるになり、口腔内がきれいになったと実感できます。(電気的根管長測定器) 歯磨きを丁寧にする 歯にたまった汚れや細菌を増やさないためには、日々のケアがとても大切。歯のかゆみを抑えるには、歯磨きを丁寧に行うと効果的です。歯の1本1本を丁寧に優しく磨いていきましょう。強く押し当てるよりは、優しく細かく振動しながら磨くのがポイント。デンタルフロスや歯間ブラシを使い、歯の間の汚れも取り除くのもおススメです。出血する部分は、炎症が起こっているので、丁寧に磨きましょう。3日ほど続ければ、口くう内が清潔に保たれ、出血しなくなります。 アレルギーを避けるには アレルギーの原因となる食べ物が、わかっている場合、その食べ物を口にしないこと。体調によっては、強いアレルギー反応で倒れてしまうこともあります。口の中だけだからと安易に考えず、アレルギー反応の出る食べ物は避けるようにしましょう。また、歯科治療でアレルギーが出る場合、金属、医師のゴム手袋、詰め物などさまざまな要因が考えられます。 ストレス解消をする ストレス社会の現代で、ストレスを受けないように生活することは大変困難です。ストレスとうまく付き合うには、たまったストレスを解消することが重要。自分の好きな時間を持つ、好きなことを思いっきり楽しむ時間を作り、ストレス解消を心掛けましょう。適度な解消を続けると、ストレスをため過ぎない体になります。 ストレスを受けたとき、歯を食いしばるクセがある人、歯をすり合わせるクセがある人は、日頃から意識して直すようにしましょう。  
Continue Reading
歯科健康

歯の黄ばみが考えられる原因

外部からの影響 食品による着色 タバコによる着色 飲み薬による表面の着色 歯磨きのし過ぎによる着色 歯石の付着による着色 口に入るもので、色が付いているものは黄ばみの原因になります。また、歯磨きのし過ぎで歯の表面が削れたり歯石が付いたりすることにも気を付けましょう。   内部からの影響 歯の内部が虫歯になっている 加齢による象牙質の着色 飲み薬による内部からの着色 歯の内部からの着色で黄ばんでいる場合は、外部からの影響によるものと比べて、改善が難しい可能性があります。ただし、歯の印象を白くする方法はありますのであきらめないでください。(超音波スケーラー)
Continue Reading
歯科健康

インプラント治療

治療後の口腔ケアについて インプラント治療後の口腔ケアは、自宅で行う「ホームケア」と歯科医による「プロケア」「定期健診」を組み合わせることが大切です。ホームケアは当然、毎日行います。ブラッシングや食習慣・ストレスケアや睡眠などにも気を使いましょう。定期健診は3~6か月に1度通うのがおすすめです。通う頻度については、口腔内の状態を見て歯科医が判断してくれますのでそれに従ってください。(超音波クリーナー) 注意点 口腔ケアについての注意点をご紹介します。 ブラッシングを正しく行う マウスウォッシュやフロスを使用する インプラント治療後の不具合を放置しない 口臭・雑菌臭がしたら歯科医に相談する 暴飲暴食を控える 睡眠時間をきちんと取る 生活に運動を取り入れる ストレスケアを行う 日頃の細かな積み重ねが、口内トラブルを防ぐことにつながるでしょう。
Continue Reading
歯科器具

顎関節症を引き起こす原因

歯ぎしり 朝起きた時に顎が疲れているという経験はありませんか? これは寝ている時に歯ぎしりや歯を食いしばる癖がある人に起きやすい症状です。 そしてこのような癖のある人は顎関節症を発症しやすいと言われています。 歯ぎしりは精神的なストレスや歯のかみ合わせが悪いことによって起こるので、毎日強いストレスのある環境にいる人や、歯の噛み合わせを正しく治療していない人は顎関節症に十分注意する必要があるでしょう。 良くない姿勢や習慣 良くない姿勢や習慣も顎関節症の原因になります。 うつぶせ寝 頬杖を付く 猫背 無意識のうちにこのような姿勢をとっていることはありませんか?(歯科診療ユニット) このような姿勢を続けていると、顎や筋肉に負担をかけるため顎関節症を発症しやすくなるのです。 顎の位置が正しくない 事故などによる外的な要因で強い力が加わると顎の位置がずれてしまうことがあります。 顎が正しい位置にないと顎関節症になる可能性が高まります。  
Continue Reading
歯科健康

歯を失わないため、普段から心がけておこう

ブラッシング 歯を失う原因として多い虫歯や歯周病を防ぐためには、毎日のセルフケアがとても重要になります。歯と歯茎の境目にプラークを残さないように、歯みがきは丁寧に行いましょう。特に、歯並びが悪い部分や被せものがある部分はプラークが残りやすいため注意が必要です。歯みがきで落としきれない部分は、歯間ブラシを使うとよいでしょう。歯周病の多くは歯と歯の間から進行するため、歯間ブラシを使って完全にプラークを取り除くことは重要なポイントになります。また、プラークの除去に効果的な成分を含んだ歯みがき粉なども販売されているため、使用してみるとよいでしょう。(口腔内カメラ 通販) 定期的なメンテナンス 虫歯や歯周病になりそうな歯がないかをチェックしてもらうためにも、歯医者による定期的なメンテナンスを受けることも大切です。異常の早期発見や歯のクリーニングによって、歯を失う状態になることを避けることができます。歯のクリーニングは着色汚れや口臭なども改善できるため、定期的に受けておくのがおすすめです。 そのほかの注意点 虫歯や歯周病を予防して健康な歯を保つためには、生活習慣にも注意が必要です。まず、十分な睡眠をとりストレスをためない生活を心がけましょう。睡眠不足やストレスは抵抗力の低下を招き、虫歯菌や歯周病菌に感染しやすくなります。また、喫煙は歯周病の症状悪化につながるため、できるだけ控えるようにしてください。  
Continue Reading
歯科健康

ドライソケットになってしまう原因

血の塊を流してしまった 「うがいのしすぎ」「何か吸う動作をしてあなに吸引力がかかった」「舌でいじった」などが原因で、せっかく溜まった血の塊が剥がれてしまうことがあります。再度、血の塊が形成されれば良いのですが、そのままになってしまい、骨が出てしまている状態で維持されてしまうこともあるのです。(オートクレーブ)   血の塊ができなかった 血が固まる前に血行が良くなりすぎることをしてしまった場合(飲酒、激しい運動、風呂に浸かるなど)、血が流れてしまって塊状に固まらないことがあります。 血があまり出なかった 麻酔に含まれる血管収縮薬の影響で、正常に出血が起こらない場合があります。血の塊の元になる血の量が不足するために抜歯部分がふさがらず、ドライソケットになってしまうのです。  
Continue Reading
歯科健康

歯の神経とは

歯の神経はどこに 歯の神経は歯の根の中にあり、形状は網目状です。歯の中を複雑にめぐることで、少しの刺激も敏感に感じ取ることができます。軽度の虫歯で歯の痛みがない理由は、表面のエナメル質には神経がないからです。痛みを感じるということは、歯の根の部分まで症状が進行している証拠となります。(根管充填剤)   歯の神経のメカニズムと重要性について 歯に神経があるのは、歯の異常を痛みや不快感で知らせ、速やかな対応を促すためです。私たちは、歯の神経が正常に働くことで、痛みや不快感を察知し、改善できます。たとえば、虫歯が進行しても治療の必要性を実感することができません。痛みを感じることは嫌なことである反面、重要な意味を持っているのです。    
Continue Reading